忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

私と将棋(1)
今回から7回に分けて、今までの私と将棋との関わりについて思いつくままに書いていきます。私がなぜ穴熊ばかり指すようになったか、だんだん明らかになります。
このコーナーは多分他の方が読んでもつまらないので、興味のある方だけ読んでいただけたらと思います。
私と将棋の出会いは小学校一年生の頃、上級生が指している将棋を見て自然とルールを覚えました。
そして上級生に一回対局をお願いしたところ、勝ちました。そして他の人とも指しましたが、やはり勝ちました。
それ以来、その上級生たちは、私とは指してくれなくなりました・・・
それ以来私の将棋を指す相手は、祖父か父でした。
祖父はあまり強くなく、私と良い勝負でしたが、(祖父は囲碁の方が得意だったらしい・・・)いやな顔一つせず、何局でも指してくれました。
父は結構強く(多分アマ二、三級か?)初めは二枚落ち+持ち駒でも全く勝てませんでした。わざと私に飛車を取らせては玉を詰まし、完全に遊ばれていました・・・
小学校上級生の頃は紙で将棋盤、駒を作り、放課や授業中よく指していた記憶があります。(次回へ続く)
PR

コメント

コメントを書く