忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

定跡学習法
定跡の学習法は人によってさまざまだと思います。どの方法がいいかも一概には言えないと思います。
私が本を読んでいて感じることは、定跡書を読んでもすぐ忘れてしまい、なかなか定着しないことです。
これを克服するため、現在ある方法を試しています。
その方法は次の通りです。

使用するツールはフリーソフト「Kifu for Windows」です。柿木義一さんのホームページでダウンロードできます。
http://www02.so-net.ne.jp/~kakinoki/

手順は以下の通りです。

①まず、その戦法の本の指し手を打ち込みます。(本筋のみ)
②次に本の枝葉の変化手順を打ち込みます。
③本のコメントや自分の思ったことを打ち込みます。
④その戦型の棋譜を収集し「Kifu for Windows」に保存し③のデータと棋譜合成を行います。

これで、その戦型の棋譜データの完成です。

棋譜が多いほうが棋譜データが充実するため、辞書的に使うには便利でしょう。

あとは、実戦あるのみです。実戦の合間、又は気になる変化を辞書的に棋譜データで調べるもよし、棋譜並べするもよし、また、変化手順を補完したり、自分の棋譜を棋譜合成すると更に棋譜データは充実するでしょう。

この方法の利点は(あくまで個人的見解ですが・・・)
①その戦型に関する情報の集約化ができること
②本を読むだけでなく、棋譜並べもできること。また、コメントを意識して打ち込むことにより、記憶に残りやすくなること
③実戦後棋譜データを見ることにより、どこがまずかったか反省でき、コメントを打ち込むことにより同じ失敗が避けやすくなること
等です。

まだ始めたばかりですので、具体的な成果はまだ実感していませんが・・・
いつの日か成果が現れることを祈っています・・・
もし他の方法があればコメントいただけるとうれしく思います。
PR

コメント

1. 定跡学習

定跡学習ってホント大変ですよね。私も昔、ある高段者の方から「君のは、ただ定跡の手順を覚えただけで、1手1手の意味を理解していない。だから相手にちょっと変化されると対応ができないのだ。」ってなことをズバッと言われて、図星で返す言葉が無かった事がありました。・・・シクシク。
今でもほとんど進歩してないので、こちらで勉強させていただきます。

Re:定跡学習

コメントありがとうございます。私も「手順のみ覚え意味を理解していない」ので、同感です。ただ、ある程度力がつくまでは、意味を理解しようとしてもできないので仕方がないと思っています。ただ、自分なりに実戦で試した後どこが悪かったか振り返るのは重要だと考えています。
あと、このページで取り上げる戦型はかなり偏っていますので、勉強になるかといえばかなり疑問ですが、定跡以外にも、将棋についての私なりの考え方などをとりとめもなく書いていきますので、お気軽にコメントなどいただけたらと思います。
やはりコメントいただくと更新にも気合が入りますね。
コメントを書く