忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

将棋勉強ツール私の使用法
 HIDETCHIさん製作の「将棋勉強ツール for EXCEL」がいよいよVectorに登録されました。

 このツールは将棋本などに載っている詰将棋・必至・次の一手のような問題の中から、繰り返し解いて勉強したいと思うものを、局面図とセットでデータベースとして取り込み、それをランダムで出題できるツールです。(Vector紹介文より引用)

 私も現在使用していますが、数多くの将棋本の中で間違えた問題や、是非マスターしておきたい問題を抽出してツールに入力することにより、数多くの将棋本を読み直す手間が省け、情報の集約化にすごく役立っています。

 そこで、将棋本の問題を入力する以外の自分なりの活用方法を考えてみました。

①ジャンル機能を生かした活用

 このツールの利点の一つとして、問題をジャンル毎に分類することができ、ジャンル毎に問題を出題するという機能があります。

 そこで通常は「詰将棋」「必死」「終盤」等といったジャンルを定義するのですが、私の場合はこれらの局面の状態によるジャンル定義に加え、「美濃」「舟囲い」「穴熊」といった囲い別のジャンル定義を新たにつくりました。(入力項目が一つ増えますが)

 これによって、美濃崩しの問題ばかり集約することが可能になり、特定の囲い崩しの問題ばかり集中して解けば、かなり寄せの力が上がると思っています。

②自戦譜からの活用

 将棋本を入力して問題を解くだけではもったいないと、自戦譜の局面図も積極的に問題に取り込むようにしました。

 特に私の場合は、終盤引っくり返されて(ミスをして)逆転負けになるケースが非常に多いため、何とか克服したいと思い、やっています。

 やり方は、自戦譜はすぐボナンザに解析させ、終盤のポイントの局面を抽出し問題に登録するといった方法です。

 自戦譜からの問題は、攻めの手か受けの手か迷う場面も多く、戦型的にも繰り返し同じような局面に遭遇する可能性も高く、更に自分が実戦で判断を誤った問題ばかり集めることにより、自分のミスの傾向が分かり、終盤の強化、訓練にとって将棋本にも勝る最高の教材だと思っています。

 そこで現在積極的に対局し、数多くの敗戦棋譜を生産し、サンプル(問題)数を増やすべく人体実験中です。
 後からその問題を見直しますと、なぜこんなところで間違えるのかといった問題に数多く遭遇します。
 実戦心理の難しさを感じますが、自戦譜からのサンプル(問題)をたくさん収集することにより、自分の思考の悪いクセを知り、改善できればと思っています。

③その他の活用法

 それ以外にも、戦型毎に序盤の定跡の間違えやすい局面を問題に入力することにより、序盤の定跡の復習に役立てる方法や、プロやアマ高段者の棋譜並べをする中で感心した局面を入力することにより、棋譜並べを実効性のあるものにすること、更には自戦譜のなかで会心の一手ばかり集め自己満足に浸る方法など、さまざまな活用法が考えられます。

 残るは自分の学習能力の問題となってしまいますが、上達スピードは人それぞれと思いますので、「継続は力なり」を念頭にいつの日かこのツールの素晴らしさを実証できればと思っています。
 
PR

コメント

1. ツール

以前、記事を拝見したときに、これはスグレモノだな~と感心しました。いろいろ使えますね。棋力UPまちがいなしです。③その他の活用法-プラス思考で楽しく勉強できますね!でも入力するのが、ちょっとたいへん・・なんでしょうか?

前記事のレス、ありがとうございます。なんとか将棋の時間を作っていきたいです。その方が集中できる、というのに賛同です。久しぶりの1局って大事に指しますもんね^^

Re:ツール

コメントどうもですw。
ツールについて、効果の程は試用版の方でお試しくださいw。
私はこのツールの最大の魅力は「情報の集約化」にあると考えています。
これまでの経験上、自分が対局して、負けますと反省はするのですが、同じような負け方を結構していると思うのです。
反省したつもりが、進歩していないということでしょうか。
本ツールに「この一手で負けた」局面を集め、繰り返し見直すことにより、同じようなミスが減ることを期待しています。
また、対局時間ですが私も以前に比べると取れなくなってきています。
これは、仕方のないことだと思います。
限られた時間の中で、趣味である将棋を楽しみ、同時に実力UPできる方法を模索していきたいですね。

2. 面白い活用法ですね

こんにちは。
ツールについての記事を書いて下さっていたのに、コメントが遅くなり申し訳ありません。
yamatetsuさんの考えた色々な活用法、素晴らしいですねー。そんな活用法があったのか、と感心しました。
なかでも②の「実戦からの反省サンプル集」はとても効果がありそうですね。かなり棋力UPにつながりそうです。
yamatetsuさんは将棋上達法考案の天才ですね。初段到達したときには、「最強の初段到達法」とかいう題名で本を出してはいかがですか?^^

Re:面白い活用法ですね

こんばんは。
確かに私は方法論とか考えるのが大好きでいろいろ知恵を絞ってきました。
限りある時間の中で、センスとか感覚的なものに頼らず、何人でも確実に初段に上がれる方法論というのがあるのではないかと・・・。
初段になったら、私の方法論のすべてを公開したいと思っているのですが、ここ1~2週間は将棋を指す時間が取れず、今後もかなりの制約がありそうですのでしばらくはレートUPに向けた取り組みは難しそうです。
しかし、将棋に対する情熱がなくなったわけでは全然ありませんので、可能な限り将棋勘だけは維持していきたいと思います。