忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

近況いろいろ
最近の近況などを記します。

★SMK竜王戦に登録
 久々の出場のような気がします。
 現在の王将戦欠場、前回の棋聖戦開幕戦で敗れていますのでかなり間が空いています。
 今回も相当R落としての出場で出番は早目に回ってきそうです。
 今の状況で最連を狙う!などといった強気のセリフは口が裂けても言えませんが(笑)、楽しんで指せればと思います。

★詰将棋ドリル③一回目終了
 本書と、「最強の詰め将棋200題」については、スラスラ解けるまで繰り返し解きたいと思います。
 間違えた問題は印をつけるのですが、2度目でも間違えたりします。
 見落としたり、錯覚に陥りやすい筋があるようです。
 また、手数の長い詰将棋についても、徐々にやっていきたいと思います。

★使用戦法について
 以前使用戦法についていろいろ悩んだことがありました。
 現在はラインナップが固まり、序盤でいきなり悩むことはほぼなくなりました。
 しかし、結果が出ているとはとてもいえない状況です。
 まずは、今やれることを継続して行うことです。
 具体的には、①局後検討、②序盤の体系化、③棋譜並べです。
 年内一杯これで通し、上昇の兆しが見えないときは、使用戦法について再考したいと思います。

★戦型別R点について
 1月程前から、戦型別のR点をつけています。
 これによると、自分の戦法の得意、不得意が手に取るように分かります。
 現在は徐々にバラツキが出てきたところです。
 自分の弱点把握に役立てたいと思います。
 まずは一つでも初段に通ずる戦法を育てたいですね。まだまだ果てしなく遠いですが。

★ブログでの棋譜掲載について
 3連敗した場合の「罰ゲーム」として、自分が並べているプロ及びアマ強豪の棋譜を自分なりのコメントをつけ掲載しようと試みましたが、再考した結果、自重することにしました。十分な事前検討をすればよかったと反省しています。

★同好の士求む
 四間穴熊については、自分の周りに指す者がだれもおらず、ずっと独学で行ってきました。
 自分なりに、本や情報収集に努めているつもりですが、いろいろ難しさを感じています。
 もし、四間穴熊を愛用されている方で、情報交換や共同研究を希望される方はコメントいただければ幸いです。
 また、四間穴熊についての情報をお持ちの方(24の高段者で指している方を知っているor研究しているサイトを知っている等なんでも結構です)がいらっしゃれば、教えていただけると幸甚です。
PR

コメント

1. 戦型別

R点とはおもしろいですね!自信を持った戦法がたくさんあると、指すのが楽しくなりますね。

私は戦法はあまり気にしないで指してます。対局中に熱くさせられたり、相手を熱くさせることが多いですからね(笑)

Re:戦型別

私も昼休みに指す将棋では、戦法とかにはこだわらずにいろいろ指しています。ネットでは指さない相掛かりとか。
スリル満点で楽しいですね。弱いですが(笑)。
今度、ヤフーかどこかで穴熊を一切使用しないでどのくらいのRが叩きだせるか試してみたいです。それはそれで面白そうですね。

2. 無題

気分転換に私の棋譜でも並べてみてください。いきなり何を書いているんでしょうか私。24でのkettlesysで五月六日の23時台の将棋からの連勝しているあたりからさらっと、並べると何か別の角度から見ている感じになれるやも知れません。あと振り穴と筋違い角という相反する戦法を共存させておられますが、どちらかを思い切ってきり捨てたら体系化もしやすくなり良いのではと思います。勝手ばかりもうして失礼しました。

Re:無題

 棋譜のほう拝見させていただきました。何といいますか、人真似ではない、発想の独自さ、柔軟さに驚かされるばかりです。
 相手の方の戦法に関わりなく、わが道を行くという感じて相手の方はさぞかし混乱するものと思います。
 現在のスタイルを確立されるまでにいろいろ試行錯誤があったと思います。誰の力も借りずにご自身で問題を解決していくことはすごいことだと思います。

 私はそのような発想の柔軟さは全くありませんので、戦型毎に、お手本の方を決めて、その方の棋譜をプロの棋譜や24の棋譜で拾い、並べることにより勉強しています。まさしく、コピー将棋ですね。(コピーすらまともにできませんが。)
 ちなみに、英研の方にもお手本としている方がいます。(新英春流はついていけませんので、従来の英春流の方ですが)
 お手本の方の実戦譜を並べ、イメージしつつ自分も実戦を戦い、どう違うか、どこが足りないか後から検討する方法を取っています。