忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

弱すぎる・・・。
 自分の将棋は昔やったダビスタでスピードはあるが、勝負根性は全くない馬(大差の将棋しか勝ち切れない。)のようで、併せ馬になると必ずといっていいほどかわされてしまいます。
 こういう馬は大成しないので、育成せず、一戦も走らせずに引退させてたような覚えがあります(笑)。
 私も既に引退する時期に来ているのかもです。
 「既にピ-クを過ぎたような気がします。」とコメントされてしまいますね(汗)。
 
 自分の将棋の学習能力の無さ、センスの無さにあきれるばかり。
 こういう負け方が続くとヤケになってしまいます。
 レベル低すぎます。多分何かが根本的におかしいのでしょう。
 泥沼から脱出できるのは、いつのことやら・・・。

〔敗局図1〕
まだまだこれからの局面だが。

 本譜は▲6七銀と逃げたが、明らかに疑問手。逃げるならまだ▲4七銀だが、ここは▲5五桂、△同香、▲同馬とすれば、手厚く先手指せると思われる。
 また、本局はこの後、▲6四歩、△同歩、▲6三歩とと金を作りにいったが、遅すぎる構想で、後手の先攻を許し苦しくなってしまった。
相穴熊戦では、中盤の何気ない指し手の中で勝負が決まってしまっている場合があるので、注意が必要。

(敗局図2)
しまったと思ったときに悪手が出る。

 本譜△4六香は激痛ながら、△4四銀はダメージを倍にする大悪手。
ここは、冷静に△5四角と引くしかなかった。
 ピンチに冷静に対処しないと、指し手がどんどん荒くなり、連敗グセが止まらなくなる。

(敗局図3)
この局面で考えなければいけないことは?

 この将棋は相手の頓死で拾ったが、この局面での応接は敗着そのものだった。
 この局面では、後手優勢で怖いところは、▲7一飛成と金を取られると△同飛に▲9二金の頭金が生じることのみ。
 それが分かっていれば、先手の9三の歩を取りにいけばよかった。(△9三桂か△9二歩か。)
 実戦では安易に、△9六香と詰めろをかけたつもり(実際は詰めろになっていない)としてしまい、△7一竜と大逆転を演出してしまった。

(敗局図4)
本局も必敗の形勢を拾ったが、ここで簡単な詰みを逃す。
実戦でいかに手が見えていないかを示す好例。

 ここでは、▲3五桂としてしまった。何で▲2四桂が見えないのだろう。
あきれるばかりである。

(敗局図5)
相手の詰めラッシュに耐え、ようやく勝ちが見えたその時、とんでもない落とし穴に落ちた。

 こういう場面になった時考えることは、相手の攻めは既に切れているので、相手に駒を渡さないようにゆっくり寄せていけばいいだけである。(無論詰みが見えていれば詰ませればいいのだが)
 一番いけないのは、詰みを読みきっていないのに無理に詰ましにいくことと、寄せる段階で相手に駒を与えて自玉が詰んでいたということである。
 自分の将棋は、こういう場面が一番もろい。もろすぎる。何で最後まで冷静に指せないのだろう。
 ここでは、寄せる手順が思い浮かばなければ、△2九龍などと、ゆっくり寄せていけばよかった。それなのに、△4五角などとしてしまったため、▲3六銀と角に当てられ、焦って攻めて無念の逆転負けを許す。
手が見えないため焦ってしまい冷静な形勢判断ができていない。アホすぎる。
PR

コメント

1. 無題

ピークは何度でもきます!ぼくはそう信じて指してます(笑)将棋は逆転のゲームですよね。そこがおもしろい点でもあり、厳しい点でもあると思います。敗局図(5)は非常に残念ですね。しかし、これだけ持っていると、寄せたくなります(笑)

45角は悪い手ではないと思います。47角でつめろが続きますし、そもそも39角、28銀、36角で必至っぽいです。以下同歩なら、27龍、同玉、47飛、37銀打、28角成、同玉、37銀成、同桂、48飛成以下です。

ヤケにならず頑張ってください!

Re:無題

こんにちは。励ましのお言葉ありがとうございます!
最近悔しい終盤の対局が多いです。強化中だというのにちっとも成果がでないのが悔しすぎますw。
何とか好調モードを引き寄せられるよう打てる手は打っていきたいです。
コメントを書く