忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の敗局図
 今週末も一局も勝てませんでした。
 24で指さなかったことがせめてもの救いでしょうか。
 
 今週も終盤の逆転負けが目立ち、特に自玉の安全度が見えていないことによる負けが目立ちました。

 通勤電車の中では恥ずかしいですが、詰将棋本を逆さまにして解けばこういう負けも減らせるのでしょうか。

 タバコを辞めてから、早五ヶ月が経過し、何とかニコチンパワーに依存していた時の24の最高Rくらいは早々に凌駕したいのですが、全然届かない状況が続いています。実力不足を痛感しています。

 子供のころ父に自分の将棋について、「下手の横好き」だとよく言っていましたが、今となってもまさにその通りで親って子供のことがよく見えているんだなと変に納得してしまいました。

 自分も5歳になる娘に以前公文の将棋セットを買い、駒の並び方を教えていましたが、娘の興味が無さそうなのと、他の習い事の方が楽しいみたいで最近は全然やっていません。
 子供に教えるのにも相当の熱意が必要ですが私にはそういうのが全然ないです・・・。息子なら多少は違うのかもしれませんが。
 やはりもう少し現役にこだわっていたいですね・・・。

(敗局図1-1)

馬を作って形勢はやや良かったが、端攻めの対処を誤り逆転された。
この局面では、▲9七同香と取るべきだったが、▲9七同銀と取ったために、相手の角の利きが自玉に直射してしまった。

(敗局図1-2)

敗局図1-1の続きの局面、まさに敗着。自玉を全然見ていなかった。
▲5五歩と攻めを続行したため、△7七角から一気に敗勢になってしまった。
ここは、一旦▲8八銀などと受けるしかなかった。
自陣に手を入れながら攻める感覚を身につけないといけない。

(敗局図2-1)

この局面から勝ち切れないのでは、終盤力が弱すぎる。
この場面では▲3五歩や▲2六桂など、寄せる手段はいろいろはるはずなのに、▲1五歩から挟撃形を目指すが・・・。

(敗局図2-2)

敗局図2-1から進んだ局面。すっかり形勢がおかしくなっている。
左右挟撃形をつくることに失敗し、上下からの挟撃を目指すが・・・。
▲3三銀と寄せを目指したが、△3四玉と銀に当てられ、▲4二銀とヒモをつけるが、あっさりと△同飛と取られ、▲同銀に△1六桂から詰まされてしまった。
いい中盤までの流れを生かせなかった、残念な一局。
絶対的な終盤力が不足している。読みの力が足りていない。

(敗局図3-1)

▲4三歩と叩いた局面。難しい局面ながらも指せると思っていたが・・・。

(敗局図3-2)

敗局図3-1の続き、▲6一飛で勝ったと思ったが、浅はかだった。この後△5一歩(手筋)、▲同飛成、△3一歩、▲4三銀と迫ったが、△3九角以下即詰みに討ち取られた。
よって、▲6一飛と打った時点で、△3九角で詰んでおり、▲6一飛が敗着になった。
相変わらず自玉の詰みが見えていない。
従ってこの局面では、▲3八金と受けるか、▲1八玉と早逃げするような受けの手を指すしかなかった。それなら、まだまだ難しい終盤戦だった。
PR

コメント

1. 無題

最高Rは更新したが 目標は遥か遠い。39角以下詰みますか? システムも課題だらけ。坂井は時間経過したほうがキツイです。16桂以下詰みますか。これもわかりません。5級レベル高いっすね。支離滅裂で失礼しました。時間ないけど奇跡を信じ前進します。頑張りましょう。

Re:無題

まずは、最高R更新おめでとうございます。目標は遠いですがお互いに頑張りましょう。
私のほうは、最高Rまでまだ距離がありますが、地道な棋譜並べと詰将棋でじっくり力を養いつつ階段を少しずつ上っていきたいと思います。

2. 無題

せっかくの穴熊なので、ゼにはなるべくしておきたい。常にゼは意識したいものです。薄くても常に意識して指していればゼは頻出するので、一応念のため、伝えておきます。ゼの活用で少しでも読みやすくする、これ有効です。当たり前って言われそうですが。全駒躍動とか全体を見るも意識したい。これも当たり前すぎるか。

Re:無題

アドバイスありがとうございます。穴熊はゼになりやすくその形も分かりやすいので、自玉をゼの形にして寄せ切るというのは必勝パターンですね。というのは頭で分かっていても、実戦でできていませんので、しっかりと勝ちパターンを身につけたいです。
昔「Zの法則」と言う本を読んだような記憶があるのですが、今持っていないのが残念ですね。かなり難しい本だったみたいで、あまり理解できていなカった気が・・・。

3. 攻防手

難しい将棋がおおいですね。敗局図3-2は色々あって読むのが楽しそうですね。31銀や21龍はダメですか・・・あと41飛もありますか?34桂は同銀がつめろか・・・何かありそうですが・・・一回受けて、コマをくれ!で頑張ることになりそうですね。

43銀では43金だったでしょうか?お互いに端玉が切り札になりそうですね。

Re:攻防手

3-2のような局面は後から盤面をいじるのは楽しそうですが、対局中は私にとって苦痛以外の何物でもありません(爆)。
とても一分で読みきれそうにありません(そのうち30秒くらいはただ焦ってパニクっている時間かもしれませんがw)。
早くこういった局面でも動じず、バッタリ折れることなく、難しい終盤の攻防を繰り広げられるようになると嬉しいのですが・・・。