忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

終盤のデータベース化
 このところさっぱり強くなれませんが、日増しに持っている将棋本の冊数ばかりが増えてきています。
 
 特に、最近終盤の本を買うことが多く、(詰め将棋、必至本、寄せ手筋本、囲い崩し本等)結構な冊数になってきました。

 その中でも、何度も間違えたりする問題もありますし、これは是非覚えておきたい問題とか、そういったものが出てきます。

 それでそのような問題に出くわした時、本に折り目をつけて分かるようにしているのですが、そうすると、本が折り目ばかりになってしまったり、本が傷んでしまったりと、いろいろ不都合が多いです(笑)。

 また、自分の間違えた問題ばかり集約した問題集を作れないかとか、特定の囲い崩しを集めた問題集を作れないかとか考えていましたので、間違えた問題の局面図を手で入力し、問題の画像と、解答を作成し保存したりしようと思っていましたが、手間ばかりかかり使えないので途中で頓挫していました。

 そんな私のやり方を遥かに凌駕するすごいモノを見つけました。

 HIDETCHIさんのブログで紹介されている「オリジナル将棋勉強ソフト」です。

 はっきり言って是非欲しいです。お金を出してでも欲しいです!!。
 まさに、私の思っていたアイディアの全てを形にしている、そんな感じです。
 自分にはパソコンの知識がなく、構想止まりですが、こういった構想をカタチにすることって、凄いことだと思います。

 HIDETCHIさん、是非商品化を希望します!。(有料でもOKです!)。
 ベクターに出していただければダウンロードが殺到するかと思うのですが・・・。(←都合良すぎw)

 類似のアイディアが世に出ていないか調べてみたのですが、今のところなさそうです。特許をとっておいたほうがいいのでは(爆)。
 しかしまあ、将棋を強くなりたいという人間の欲求は際限がないですね・・・。
 本当にビックリしました。

ちなみに、現在データベース化したい所有本は以下の通りです。
(もちろん、全問題ではなく、間違えた問題等に限られますが)

 1 手筋の達人2(毎日コミュニケーションズ)
 2 1手・3手必至問題(創元社)
 3 寄せの手筋168(高橋書店)
 4 寄せが見える本(基礎編)(浅川書房)
 5 寄せが見える本(応用編)(浅川書房)
 6 終盤の定跡(基本編)(毎日コミュニケーションズ)
 7 終盤の定跡(応用編)(毎日コミュニケーションズ)
 8 光速の寄せ1振り飛車破りの巻(日本将棋連盟)
 9 光速の寄せ2振り飛車で勝て!(日本将棋連盟)
10 実戦の詰み手筋50(電子ブック)
11 詰め方カタログ(創元社)
12 5手詰ハンドブック(日本将棋連盟)
13 最強の詰将棋200題(梧桐書院)
14 詰将棋道場(毎日コミュケーションズ)
15 詰将棋ドリル③三手詰めよりやさしい!簡単五手詰め(山海堂)
16 不思議流受けのヒント(創元社)
17 読むだけで強くなる終盤のコツ130(日本将棋連盟)
18 手筋の教科書③囲いの崩し方編(山海堂)

PR

コメント

1. 無題

個人で使用する分には問題ないけど、著作権が絡んでると思いますんで、有料、無料問わず、システムだけですと特許まで行く性質のものなのか、まぁ、トライはすべきかもしれませんが。詰め将棋頑張ってますか?

Re:無題

問題として入れる内容については、著作権が絡みますので、システムだけなのですが。
特許というのは、大げさな感じもしますが、正に自分の思い描いていた通りのものだったので、それくらいビックリしたという意味で・・・。
 詰将棋については、相変わらず通勤電車の中で解いていますが、最近疲れて眠ってしまっていることが多いので、明日からの一週間で、詰将棋ドリル411問をもう一周回したいと思います。
 手数が長い詰将棋については、苦手意識が非常に強いので、克服しなければと思っていますがなかなか難しいです。