忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

6月の反省と7月のテーマについて
(6月の対局結果について)  

6月の対局結果は以下の通りとなりました。

場 所

対 局

勝率

2 4

17

11

.647

近 将

.143

合 計

24

12

12

.500


 今月は対局を減らしたのですが、結果は今一つでした。
 特に、土日の近将については、さっぱりの出来でした。
 これが現状の自分の力だと思っています。

 (6月の取り組みについて)
 棋譜並べを第一のスローガンに掲げ、6月中旬まではよく並べましたが、中旬以降失速してしまいました。
 詰将棋についても中旬以降テンションが下がってしまったのは反省点です。

 (SMKレーティングベスト20について)
 いつも楽しみにしているtaka‐cさんのベスト20ですが、4ヶ月ぶりにベスト20に復帰することができました。
 これを励みに更に上を目指して頑張りたいと思います。

 (7月のテーマ)
 「囲い崩しに精通しよう」
 それぞれの囲いの急所を覚え、急所に自然に手が行くようになりたいです。
 具体的には打ち込みをした最強問題集を毎日繰り返し解いていきたいと思います。
 実戦については、6月同様控えめに、指した棋譜は局後必ず検討していきたいです。

 また、永遠のテーマとなりつつある将棋上達法について、とあるHPで興味深いものを見つけましたので紹介したいと思います。
 以下そのHPからの引用です。
 
「修羅の棋士」宮崎国夫著、毎日コミュニケーションズ発行、1995年3月初版
27ページに「最後の真剣師・大田学」氏の上達法が語られています。
 『最近、対局時計を使ってよく十分切れ負けとか十五分切れ負けでやっとるのを見るけど、これはたんなる金のやり取りで、将棋は強うならん。強いもんが遊びでやっとるのは別にかまわんが、弱い者が強くなろうと思ったら絶対にやってはいかん。
 やはり将棋は深く読まなアカン。弱いうちに早指ししては、将棋の腕が上がるワケがない。考えて勝つのが本当の将棋や。
 負けた将棋は、最初から最後まで覚えるぐらい一生懸命盤面に集中し、考え、あとで敗因を一人で考えるぐらいの気持ちがなけりゃいかん。
 そうかといって、一局三時間も五時間もかけられたら相手がたまらんけどな。そこは常識的な線で、一局一時間前後。とにかく考える将棋を指さなアカン、多少嫌われてもな。
 ワシが思う上達法をまとめてみると、
①少しでも棋力が上の人と指す
②負けた将棋を自分で研究する
③早指しは強くならん
④上手を相手にしても簡単にあきらめてはいかん
というようなことかな。』

 
この文を読んで、やはり「上達に王道なし」と思いました。
 棋譜並べや問題集を暗記するくらい解き込むことも大事だと思いますが、実戦の真剣勝負で必死に考えることにより得られることも大きいようです。
 当たり前のことかもしれませんが、「自分の頭を使って考える」ことの重要性を再認識させられました。
PR

コメント

1. 無題

六月の成績 24 先手31局 24勝  率774 (先手15連勝中)
           後手20局 9勝   率450 (負けプラス1)
トータル 51局 33勝   率647
        近将  トータル9局六勝 先手二局 0勝
   
   システムの先手番の威力の凄さだけ際立つ結果でした。
  お互い 7月は反省して頑張りましょう。

Re:無題

凄まじい先手番の勝率ですね。恐るべしケトルシステム・・・。
Rを上げていくためには、勝ちパターンというか、得意戦法があると心強いですね。
私もそのような得意戦法を作るべく精進したいと思います。

2. リニューアル

ブログの設定変えたんですね^^あ、青がまぶしい(笑)慣れるまでもう少しかかりそうです。

上達法、参考になります。上位者と指すのは非常に楽しいですね。レート100くらいだと、ほとんど差がない場合もありますし。コテンパンにやられるのも気持ちがいいものです(笑)何より考え抜いた手を、思いきりぶつけられることに意義がありますね。

Re:リニューアル

 ブログに書かれている文字の設定は小さいことが多く、見づらいので変えてみました。
 自分が上位者と対戦するときは自分の方が形勢がよくても、相手の勝負手に怯え逆転負けを喫してしまいます。
 どのような相手であっても、自分の読みを信じられるように読みの正確度を上げていかなければいけませんね。