忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

私の序盤戦術(2)
「私の序盤戦術」第二弾として、先手番について考えていきます。
一般的な駒組みでは次の通りだと思います。(他にも例外的な駒組みもあると思います。)
正直あまりくわしくないので違っていたら教えていただけるとありがたいです。

(自分が先手番の場合)

1 初手2六歩型

▲2六歩→相掛かり、対抗形

必要とする戦型
相掛かり、対抗形(ともに必須)

2 初手7六歩型

▲7六歩△8四歩▲6八銀→矢倉
▲7六歩△8四歩▲6六歩→対抗形

▲7六歩△3四歩▲2六歩→対抗形、横歩取り、角換わり
▲7六歩△3四歩▲6六歩→対抗形、相振り飛車
▲7六歩△3四歩▲2二角成→筋違い角

必要とする戦型
対抗形(必須)
横歩取り、角換わりのセット又は相振り飛車又は筋違い角のいずれか一つ(選択うち一つは必須)
矢倉(選択だが避けることができる)

3 初手5六歩型

必要とする戦型
中飛車、相振り飛車(必須)

4 初手4八銀型

必要とする戦型
英春流全般(必須)

5 初手9六歩又は1六歩

必要とする戦型
未知数(よく分かりません)

だいたい1~5のうちのいずれか一つを選択して戦うことになると思います。
どれを選択するかは得意戦法、棋風によって異なります。
また、選択する戦法によって変化の幅の広いものや、ある程度限定的な形になるものに分かれます。

さて問題はこれらのうちのどれを選択するかです。
次回からそれぞれについて、検討していきたいと思います。
また、ご覧になられている方の考え方やご意見があれば遠慮なくいただけると嬉しいです。
PR

コメント

コメントを書く