忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

終盤の時間の使い方について
 思いつくままに書いてみましたが、終盤って、短い時間の間に非常に多くのことを考えなければいけないと思いました。

 しかし、実際は終盤の局面によって判断するため、下記の持ち時間の使い方は机上の空論といえそうです。

 ただ、自分の読み落としを防ぐ意味でも、読む順番とかを規則化しておくと読み落としを防ぐのに効果があるのかもしれません。

 特に自分の場合は得意になって相手玉に必至をかけたつもりが、自玉を全く見ておらずものの見事に詰まされたということはしょっちゅうあります。(しょっちゅうあっては困るのだが(爆)。)

 また、手数計算が非常に苦手なので、今後強化する必要がありそうです。

 確実に言えそうなことは、秒読みの限られた時間の中で、詰み形か必至の形かを瞬時に(直感的に)感じ取る力があると実戦で力を発揮しそうなことと、時間いっぱいまで考えるクセをつける(手拍子で指さない)ことでしょうか。

秒読みの持ち時間の使い方(60秒の場合)

① まず、相手玉が詰んでいるかどうか一目で判断する。(10秒以内)

 (1) 詰んでいる場合⇒詰ます。(※)
 (2) 詰んでいるかどうか判断できない場合⇒②へ

② 次に、自玉に詰みが生じているかを一目で判断する。(10秒以内)

 (1) 詰みが生じている場合
  ⇒受ける手があるかどうか判断する。
  (イ)受ける手がある場合⇒受ける。(※)
  (ロ)受ける手が見当たらない場合⇒相手玉を無理やり詰ましにいく。(※)

 (2)詰みが生じていなさそうな場合
  ⇒相手玉に必至又は詰めろをかければよい。
  (イ)相手玉に必至がある場合⇒必至をかける。(※)
  (ロ)相手玉に必至はないが詰めろがある場合⇒詰めろをかける。(※)
  (ハ)相手玉に必至も詰めろもいずれもかかりそうにない場合⇒③へ

③ 自玉に詰みは生じていないが相手玉に必至や詰めろがかからない場合
 ⇒次に自玉に必至か詰めろが来るか判断(10秒以内)

 (1) 次に自玉に必至や詰めろが来そうな場合
  ⇒回避する受けの手を考える。
  (イ)回避する受けの手が見つかった場合⇒その手を指す。(※)
  (ロ)回避する受けの手が見つからない場合
   ⇒残りの時間すべてで相手玉を寄せる手段を考える。(※)
  
 (2) 次に自玉に必至も詰めろも来そうにない場合
  ⇒速度計算により攻めの手か受けの手を判断し着手する。(※)

(※)最後に読み落としがないか再度確認の上着手する。
   この手しかないと思っていても錯覚している場合もあるので、手拍子に指すことはしないこと。
   50秒まではじっくり時間を使い、50秒以降に着手するよう心がけること。
   何となく着手するのは大怪我のもと、読みきれていない筋は断念する決断も必要。
PR

コメント

1. 読みの蓄積

これ、60秒あってもきついっすね(笑)でも何か指さなきゃ切れ負けですし(爆)←私よくやります

私の場合は読みの蓄積で、相手玉については中盤から考えてます。これがなくなれば楽、とか、この形になれば詰みとか。自玉についてはあんまり考えてません。その場で受けの手をひねり出すということが多いですね。

何となく着手、はホント大怪我のもとですね。私も何度も痛い目にあってます。

Re:読みの蓄積

最近終盤の逆転負けが続きたくさん悔しい思いをしています。
どうも自玉の危険度に無頓着であっという間に寄せられ逆転負けを許すことが多いです。
振り穴囲いは「固い」囲いではなく、「遠い」囲いだと思っていますので、戦いながら、囲いのメンテナンスを上手くできるようにし、粘り強く戦えるようにしたいですね。

2. 意見ですが

毎回この規則で読んでいると時間が足りなくなりそうなので、以下のようにもう少し効率化できないでしょうか。ポイントは、
 ・自分の前回の着手の時点で、自玉相手玉の状態は既に分かっている(理想的には)
 ・相手の着手によって、持ち時間の使い方は変えないといけない
の2点です。

1つ目ですが、自分が着手した時点で自玉相手玉が「詰めろ」か「2手スキ以上」かは確認しておきます。慣れてくれば「詰めろ」か「2手スキ」か「3手スキ以上」というように細かくしていけばいいと思います。そして、仮に確認できなかったとしても、相手の持ち時間で確認作業の続きをやればいいのです。(そして時間が余れば次の手を予測して読む)

2つ目ですが、仮に今相手番でどちらの玉も「2手スキ以上」と確認できているとします。このとき次の相手の着手が攻めの手だった場合、自玉から先に見ます。(①を考える必要がない) 自玉が詰めろでないことを先に確認した上で、相手玉に有力な詰めろがかかるかを読みます。(詰めろなら当然うけます)
逆に相手の着手が受けの手だった場合は、今度は自玉を見る必要はありません。この場合は①(受け間違えて詰みが発生した可能性があれば)を読み、その後有力な詰めろを探す。(②は必要ない)

これでいくらか効率化できないでしょうか。

ただし、「詰めろ逃れの詰めろ」とか「詰めろではないが駒を渡すと詰む」とかのケースもあるので、そう単純ではありませんよね。特に後者のケースで失敗するとがっくりきますが、対策としては、「自玉が2手スキ以上」を確認する際に「ただし○○を渡すと詰む」まで含めて確認しておくか、駒を渡して詰めろをかける際にその駒で詰まされないか確認する、が挙げられると思います。

長々と机上の空論で申し訳ないですが、ご参考までに^^

Re:意見ですが

 詳細なコメントありがとうございます。
 この文章を書いていたとき、終盤の悔しい逆転、それも相手玉ばかり見ていて自玉を全く見ていなかったことによるミスが重なったものですから、そういううっかりが起こらぬよう、終盤の思考を規則化できないと考えたのですが、何か余計に複雑になってしまいました。
 実際は、60秒(または30秒)の中で、少なくとも私にはこの手順で読むことは実践できそうにありません(汗)。
 実戦では、自玉と相手玉の「形」で感覚的に判断し、(この判断が誤っていることが私の将棋に多いのが問題なのですが)攻めの手を指すか、受けの手を指すか判断していることが多いです。
 あと、「詰み形」とか「詰めろの形」とか「2手スキ」「3手スキ」といった状態を瞬時に判断する力が私にはないので、実戦や何かの本で、今後手数計算のトレーニングを意識してしてやってみたいと思います。
コメントを書く