忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

ブログ再開
ブログ自粛時に立てたブログ再開への条件

①24でR1350以上
②近将でR1500以上
③ハンゲでR600以上
のいずれかを達成し、
かつ、終盤において自玉の危機意識に改善が見られること


のうち、③ハンゲでR600以上を達成し、自玉の危機意識についても多少の改善が見られたと自己判断し、ブログを再開することにしました。

 思っていた以上にブログ再開への条件が厳しく、ハンゲでR600を達成するまでに24戦を要しました。(連休中はひたすら指していました。)
 R599まで行き、勝利したのにも関わらずレート差が大きく点数が1点も入らなかったり、終盤痛いミスをして負け続けた時にはブログを再開できないのではないか、またブログ再開への条件設定などしなければ良かったと本気で思いました。

 しかし、R600トライアルの中で改めて自分の将棋の課題が浮き彫りになりよかったと思っていますし、R500点そこそこから大台で長く目標にしていたR600を達成できて嬉しかったです。

 終盤の自玉への危機意識については、この痛い教訓をバネに今後も引き続き意識していきたいと思います。

 これでレーティングに対する目標について

①インフォシ-クでの初段(R1550)
②ヤフーでの紫レート(R1700)
③ハンゲームでの上級棋士(R600)


を無事達成することができ、以前ご紹介したレート表
http://yamatetsu814.blog.shinobi.jp/Category/17/
のランクもヤフーとハンゲについては、以前レベル7だったのが、一つレベルが上がり、レベル8に上がることができました。

 残すは、24と近将のレートUPに目標は絞られました。
 24と近将では苦しい戦いが続いており、レートを上げていくことはますます大変だとは思いますが、「将棋勉強ツール」を活用しつつ、終盤強化に力点を置き頑張っていきたいと思います。
PR

コメント

1. 無題

 個人的に表面的な数字では不調のようにみえる最近ですが、最高レーティングを記録したときよりは状態は良くなってきていますし、まぁもう少し内容が上がるようにするだけです。お互い頑張りましょう

Re:無題

 英研の会員掲示板の記事拝見しました。このところの上昇ぶりは凄いの一言につきます。本当に感心させられます。
 今の自分とはずいぶん水を開けられてしまいましたが、現状の自分の課題は分かっているつもりですので、その克服に全力を尽くしたいと思います。
 これからも、お互いに頑張っていきましょう!

2. 無題

初めまして。ずっとひそかに応援していました。もともとレート表を検索で見つけてたどり着いたのが最初で、以来、ちょくちょくのぞかせてもらってます。最近自分もSMKに入会させてもらおうかな、とも思ったりもしています。居飛車が嫌いなわけではなかったのですが、相手の戦形に合わさなくてもよいという理由で、向飛車(自分)居飛車対抗形(仕掛けられそうだったらメリケンで開戦)か、相振飛車(大抵、向飛車+矢倉)を好んで指しています。

ブログ再開への条件をみて僕もどれか達成してみようと躍起になりまして、近将1525になりました。24はご無沙汰なんですが1342、ハンゲ527といった感じです。近将の1級周辺をよくみていると、筋はいいけど、全然読まないでバンバン指す人が結構多くて、たとえ早指しでもぎりぎりまで考えれば、30秒あるのに、ノータイムでやってしまう人結構います。落ち着いて丁寧に相手の狙いに注意しながら指されれば、すぐに目標に到達されるのではと思いました。ハンゲームは500~600辺りから急に相手のレベルが上がったように感じています。初段に近づかれますよう、応援しています。いつかお手合わせ願えたらと思います。

Re:無題

 モルダーさん、はじめまして。コメントいただきとても嬉しいです。
 ブログを書くことにより、自分のモチベーションをUPさせたり、コメント欄を通じてお話することができたり、ブログ始めて本当に良かったと思っています。
 SMK入会の件、大歓迎いたします。自分の周りにライバルがいればいいのですが、私の場合は近くにライバルがいませんでしたので入会しました。
 皆さん熱心ですし、サークル棋戦の感想戦や観戦のなかで率直に意見を言えるのは素晴らしいことだと思います。
 何より、自分に近いライバルを見つけ、競い合っていくことはモチベーションUPにつながることでしょう。
 モルダーさんは、レートも私より少し上のようですし、24、近将、ハンゲでも指されているということなので、もしかしたら既に対戦しているのかもしれませんね。
 戦型に対するこだわりにも共感が持てます。(戦型は異なりますが。)
 私も是非一度お手合わせ願えればと対戦できる機会を楽しみにしています。
 これからも忌憚のないコメントも含め、よろしくお願いします。

3. お久しぶりです~。

こんばんは~。プログを再開されるということでほっとしています。^^;
私は終盤に、自玉にどんな形でもいいから王手がかかる手段があるのなら、その筋を頭の隅に置いておくことを考えています。
今では無理なその筋も、後どのような駒を渡したら危なくなる(もしくは、どの駒を打たれたら)のか、などを考えていけば、攻めるときに渡してはいけない駒は何か、攻めるタイミングなどが考えやすくなるのではないでしょうか?
分りにくい文章ですみません。^^;
ところで、今さらという話になりますが、このページをリンクに追加させて頂いてもよろしいでしょうか?^^
ではm(__)m

Re:お久しぶりです~。

 zxvprさん、こんばんはー。お久しぶりです。コメントありがとうございます。
 自玉に王手のかかる形で何を渡したら危ないかということは、極めて大事なところだと思います。
 自分自身もこの局面で何を渡してはいけないかというところに神経があまり行っておらず頓死になってしまうことが未だに多いです。
 終盤感情的にならず、ロジカルに指していかなければいけないと思っています。
 リンクの件、大歓迎です。バンバン貼ってくださいw。
 私もまたブログ更新停止にならないよう頑張りたいと思います。

4. 再開おめでとうございます

ハンゲ600点達成ですか。凄いですね~。
ちなみに私はまだ500点ぐらいだったと思います。
終盤の自玉の危険度センサの方も改善があったとのことで流石だと思いました。
自分の将棋を振り返って問題点・課題を自分で見つけ出し、それに対して短期的な目標と計画を立てて対策を行い、それを繰り返してどんどん上達していっていますよね。素晴らしいです。このプロセスは将棋に限ったことではなく、仕事の進め方、あるいは人生のあり方(?)にも通ずるところがある気がします。とても勉強になります。

yamatetsuさんの記事はいつも楽しみにしているので、再開されてとても嬉しいです。これからも楽しく読ませて頂きます。

Re:再開おめでとうございます

 ブログを勢い余って中断したまでは良かったのですが、再開条件を設定したばかりにそれに苦しむはめになってしまいました。
 軽はずみな言動は慎みたいと思います。
 後半部分のコメントについて、自分が将棋を指して楽しいと感じることについて、一種のシミュレーション感覚と言うのでしょうか、いろんなトレーニング法を試行し、実戦でその効果の程を効果測定し、その結果に応じてまたトレーニング法を考えるという、その過程が楽しいのです。
 最近トレーニング自体ができていないので伸びていないのですが・・・。
 ひでっちさんの言われるように、これは将棋に限った事ではないと思います。
 ただ、仕事やプライベートにこの思考法が生きているかは甚だ疑問ですが(爆)。
 好きな将棋だからできるのかもしれないですねw。今後は仕事等にも活かしていきたいと思います(笑)。