忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日のスパーリング
本日はヤフーで3局。3連勝と好調でした。
戦型は、
1局目・・・対鳥刺し、一直線の攻め合い。
2局目・・・四間美濃対居飛車、完全な力戦調。
3局目・・・新戦法採用。上位者相手に善戦。

とどれもあまり私にとっては、なじみのない面白い将棋でした。
そのうちの、2局目を取り上げてみます。











































































































































その後、サークル棋戦を観戦しましたが、早指し戦と思えないくらいすばらしい熱戦でした。感想戦での鋭い指摘に圧倒されました。
皆さんかなり、パワーアップしている模様。
ますます手ごわいですね。
PR

コメント

1. 四間飛車対急戦

四間飛車には急戦を採用することが多いので、参考までに。
桂馬を跳ねて△6五歩からの角交換を狙う急戦に対し、本譜のように銀を繰り出すのは、玉頭銀といって非常に有効な作戦(のはず)です。
この将棋のように、相手が△3五歩と、歩を取られないように伸ばすと、玉頭に空間が空くので、終盤そこに香や桂を打つのが厳しい攻めとなります。
ですので、そういう意味でも▲7六歩はもったいなかったと思います。
左辺でそれなりに捌けば(それが難しいかもしれないけど)、玉形の差で自然と優勢になります。

Re:四間飛車対急戦

ソニックさん、コメントありがとうございます。
私は、通常の四間飛車対急戦に非常に疎いので、とても参考になりました。
3六歩は味消しになってしまうので、左辺での捌きに重点を置くべきでした。
一言で四間飛車対急戦といっても、さまざまな形があるため、マスターするには相当時間がかかりそうですが、将棋に幅を持たせたいため、少しづつ取り組んでいければと思います。
コメントを書く