忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

最近の練習法「詰将棋タイムトライアル」
 前回、「終盤力」に絞り練習している記事を書きました。
 その中でも、正確に読む力を養い、ネット将棋などの秒読みに対応するため、詰将棋を解くことが今の自分にとって一番必要だと感じました。
 そこで、いろいろな方のブログを参考にし、「詰将棋タイムトライアル」をやってみることにしました。

(実施方法)
(1)タイマーの購入
  100円ショップで購入しました(使い勝手が悪いのでもっといいものにすればよかったと反省)。 
(2)記入シートの作成
  問題毎に正誤、時間を記入できるようにし、総経過時間、平均回答時間、正答率が分かるようにしました。
  また、1冊ごとに合格ライン(平均回答時間、正答率)を設定するとともに、一問あたりのギブアップタイムを設定することにより、緊張感を持たせ、量をこなせるよう工夫しました。
(3)詰将棋本の選定
  あまり難しすぎると遅々として進まず、長続きしないと考え、自分の所有本のうち、以下の順序でやることにしました。
 ①「5手詰将棋」(実施済)(202問)
 ②「5手詰ハンドブック」(実施中)(200問)
 ③「7手詰将棋」(以下、実施予定)(202問)
 ④「7手詰ハンドブック」(200問)
 ⑤「9手詰将棋」(202問) 
 合計1,006問
 ④、⑤は少し大変そうですが、とりあえずやってみようと思います。

 少し試してみた感想は、時間を計ることにより、焦ったり実戦感覚に近いものが味わえ、出来栄えさえ気にしなければ、面白いということです。
 ただ、たとえ出来栄えが悪かったとしても、時間を置いて再挑戦することにより、更なる記録更新を狙えばいいと思っています。
 ①の「5手詰将棋」については、昨日一気に済ませてしまいましたが、あまり根詰めてやっても長続きしませんので、②以降はぼちぼちやっていきたいです。
 なお、実施結果については、ブログに公開したいところですが、自信がありませんので、今後の課題としたいと思います。
PR

コメント

コメントを書く