忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

対銀冠戦のポイント(序盤~中盤編)
 10局四間穴熊対銀冠の棋譜を並べてきましたが、四間穴熊側としてポイントと感じたことを列挙します。
 まずは、序盤~中盤編です。

①金銀対飛銀の駒損の仕掛け敢行


 
 この局面は仕掛けの場面でよく表れる場面で一見はまっているようにも見えますが、以降、▲5三銀成△6七歩成▲4三成銀△同金▲6五桂△6九飛▲6四角といった進行が考えられ、駒損している上にと金まで作られていますが、銀冠の陣形を乱しており、左桂が活用されているといった点で穴熊側も十分戦える局面です。
 形によってすべて成立するわけではないと思いますが、検討する価値はありそうです。

②左桂で相手の飛車をくぎ付けに


 
 相手から角交換された時▲7七桂となりますが、次に▲8五桂と二段活用することにより、いずれ相手に取られるとしても、相手の飛車の侵入を相当期間遅らせることができます。
 この桂で時間を稼ぎ、角と小駒で寄せに出て勝負です。

③駒損しても4筋に拠点を築く


 
 この局面は角金交換と駒損ですが、4筋に拠点を築くことができました。これにより4三から駒を打ち込んで銀冠を弱体化できそうです。
4筋(又は3筋)に拠点を築く将棋は頻繁に出てきますので、駒損する場合でもこの筋が成立するか検討が必要です。

④5筋の歩を垂らしと金作り



 開戦後5筋の歩を突き捨てておくことにより、本局面のように歩を垂らしと金ができる場合があります。
 どこかで突き捨てを入れるタイミングがないか、頭の片隅に置いておきたいポイントです。
PR

コメント

コメントを書く