忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤフーR1700までマジック1まで迫る
 長い間果たせなかった目標がようやく手の届くところに来ました。
 ここのところ、将棋がポカ続きなのですが、なぜか相手の方が自爆して逆転する将棋が続いています。
 ヤフーの対戦者の方が後押ししてくれていると信じて(?)頑張りたいと思います。
 現在のRは1689、あと11点獲得するためには、1552点以上の方に勝てばいいので、一戦必勝で臨みたいです。
 あと、ポカ防止のために、長めの時間設定にしてみようと思います。
 サークル棋戦、公式戦以外の戦いでここまで気合が入ることはないのですが、気合十分でぶつかっていきたいです。
 
 それでは、マジック1に迫った戦いから。
 内容は無茶苦茶なので、動く棋譜にはできませんが、ポイントを振り返ります。

(大ポカ図1)
 マジック1へ赤信号が灯った1手

▲6八玉か▲4八歩などでよかったが、なぜか▲6三金!他に▲6四桂!などを考えていたのだから幸せすぎる。打った瞬間△4九飛の王手馬取りに気づくが後の祭り。 

(トリック図1)
 大ポカ図1の続き。すでに勝てない流れになっている。描いた逆転のシナリオは?

 ここから逆転するには相手の協力が必要、▲2三竜は相手の協力を仰いだ手。ここでは全く無理をする必要はないのに、△6八角成と角を切ってきた。この手自体は悪い手ではないのだが、この後、後手は先手玉を無理に詰ましに来たためチャンスが訪れた。
(勝局図1)
 トリック図1の続き。無理やり詰ましにきて失敗し逆転模様。ここから勝利する方法は?

 ここでは詰まさなければ勝てないと思っていた。しかし、ボナンザによると詰みはなかったらしい。相手の方はギブアップしたから勝てたが、続けていればやはり負けていただろう。詳細な検討をしていないため不明だが、駒を渡さず攻めた後、一旦、▲8九香や▲7九銀などで手を稼げば、先手が勝てるようだ。特に、▲7九銀は受けの手筋で出てきそうな手だ。
 このような局面で痺れずに勝ちに導ける終盤力を身につけたいものだ。
PR

コメント

コメントを書く