忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サークル棋戦を活用した実力UP策
個人的な試行策のためあくまでご参考までにお読みください。(効果が上がっているかよくわかりませんが。)
私のサークル棋戦を活用した実力UPするための方策を記載してみます。
ただ、これと似たことは他の方もやってみえるかもしれませんので、あまり参考にならないかもしれませんが。

まず、サークル棋戦は対戦相手が最初から決まっていることが通常のR戦と異なります。これを生かそうと思いました。

①対戦相手の棋譜を見る。

 対戦相手のおおよその傾向をつかむ。
 これはとても参考になります。これまで他人の棋譜をあまり見たことがなかったので。いろいろな戦型を指しこなす方もいれば、特定の戦型のスペシャリストの方もおり、多種多様です。

②対戦相手に合わせた自分の作戦を考えてみる。

 ①の棋譜検索の結果、対戦相手のおおよその情報(例えば序盤に詳しそうとか力戦に強そうだとか)が分かりますので、自分なりの作戦を考えてみます。もちろん実戦でそうなる保障はどこにもありません。予想が外れることは往々にしてありますが、あくまで、自身の実力UPに役立てるためなので、あまり気にしません。

③自分の採用する定跡や、その戦法を使われている方の棋譜を本やHPなどで研究してみる。

 私としては、③が一番効果的と考えています。なぜなら、私は漠然と本等を読んでいても全然頭に入らないタイプですが、対戦相手を想定しているので、何とかしようと研究にも力が入るからです。
 また、戦型を限定することによって、その戦型に対する知識が深まると考えています。
 なお、収集した定跡や棋譜は戦型ごとに「柿木将棋」に棋譜を合成して保管しておきます。これで、その戦型に関する自分専用の定跡ファイルができあがります。
 その後実戦で新たにわかったこと等はできればコメント等もつけて定跡ファイルに補完していきます。

④スパーリングを行う。

 私は、ヤフー将棋を利用しています。(先手、後手を選択できる点で)
なかなか想定どおりの戦型にはなりませんが、何局に1局かは想定に近い将棋になることが多いです。失敗を恐れず、研究した手順を試すことができます。

⑤実際に対局する。
 
 全力を尽くして戦い、感想戦をしっかり行います。

⑥ブログの自戦記にUPする。

 改めてその将棋を振り返り、ボナンザに棋譜解析させ、自分なりの要点をブログにまとめます。
 どうしてもこれまでは、勝ち将棋を中心に掲載してしまいましたが、負け将棋の方がためになることが多いので、今後は負け将棋も積極的にUPしていきたいと思います。(恥ずかしい棋譜が増えると思いますが)
 また、他の方からコメントをいただくことにより、自分なりのポイントがずれていたり、大局観のずれが確認できる場合もあり、全く気づかない変化を指摘されたりするので、大変勉強になります。

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、時間的制約もあり、なかなかここまでできないのが現状です。
しかし、サークル棋戦では感想戦ができ、強いライバルもたくさんいますので、切磋琢磨し、実力を磨いていけたらなと考えています。
 
PR

コメント

コメントを書く