忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

近況あれこれ(2)

近況について記します。

(24名人戦について)
ほとんど諦めていましたが、予選通過ラインギリギリの7位でなんとか通過することができました。
決勝リーグでは、一番一番丁寧に戦えればと思います。

(最近の実戦について)
 現在SMK棋戦もないので、ひたすらインフォシークで早指し将棋をしています。
 これまでは、15分60秒等、ある程度時間をとって指し、局後検討をする指し方をしてきましたが、最近伸び悩んでいるので、やり方を変えてみました。
 ネット将棋を始めてから時間の短い将棋を全くといっていいほどしていなかったので、私にとっては画期的な変化です。
 感覚とすれば、序盤を大雑把に、終盤強化と早見え力の向上がテーマです。特に終盤は30秒の中で寄せのトレーニングができるので、効果的かなと・・・。
 大して中身のない将棋になってしまうことも多く、局後の検討はほとんどしていませんし、ヘボ将棋でも振り返りません(笑)。対局時間を極力短縮し、終盤力強化の時間を多く取りたいからです。

(終盤力強化について)
 一番力不足を感じるこの分野、集中的に時間を割きたいところです。
 詰め将棋は致命的に苦手なので、短手数物を中心に1,000題解き、苦手意識を払拭したいと思います。
 とりあえず「5手詰ハンドブック」を電車の中等で解きなおし、200題まで達成です。
 次の教材は「実戦の詰み手筋50」(電子ブック)を予定しており、基礎講座から9手詰までの200題を解きなおしたいと思います。(電子ブックなのでパソコンの前でしか解けないのは難点)

 現在は詰め将棋は一時お休みし手持ちの終盤の本を解いたり読んだりしています。
 主に電車の中では、「読むだけで強くなる終盤のコツ130」を読み直しています。
 私にとって難しく感じる項目も多く、解くというよりは、読みながら変化を頭の中でイメージすることを心がけています。
 また、寝る前布団の中では、最近手に入れた、「寄せの手筋168」を解いています。
 この本はプレミアがついて4000円以上かかる本ですが、1,000円ちょっとで売っているのを偶然見つけ、速攻で飛びつきました。
 学生時代この本のよさに気づかず、この本を(というより将棋本すべてを)処分してしまったことを今さらながらに後悔しています。
 まずは、必修問題までの完全マスターが目標ですが、すぐ眠くなって寝てしまうことも多いです。(笑)
 この2冊を読了した後は、再度、「寄せが見える本」(基礎編)(応用編)を解きなおし、仕上げに難易度の高い「光速の寄せ」(第一巻)(第二巻)に取り組もうと欲張っています。
 ただ、また棋戦等も始まると、なかなかはかどらないかもしれませんが、禁煙同様、継続していきたいと思います。好きでやっていることなので、苦にはならないと思います。

(序盤について)
 これまではずっとメインテーマにしていましたが、しばらくはお休みです。
 サークル棋戦の時に若干する程度だと思います。
 終盤力の向上が実感できた時に再開しようかなと考えていますがいつのことになるやら・・・です。

PR

コメント

コメントを書く