忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24名人戦予選途中経過

24名人戦の予選が進行中ですが、これまで7戦して3勝4敗で予選突破に暗雲が立ち込めてきました。
レートもかなり落ちてしまい、指せば指すほど落ちていくデフレスパイラル状態に陥っています。

24名人戦予選突破したい→対局数を稼ぎたい→将棋が雑になる→負ける→Rが下がる→勝ち点が1しか入らない→さらに対局数を稼がないと・・・。

対局数を稼ぐことばかり頭にあって、対局がかなり雑になっています。悪循環にはまっています。

中盤までに大量リードを奪った対局はそのまま押し切ることが出来るのですが、互角かやや有利な状況での競い合いにはほぼ全滅状態です。

指した後も検討を全然せず、敗因も分からないまま次の対局に向かっていましたので、これではマズイと思い、これまでの戦いを簡単に振り返ってみました。

対局

勝敗

戦型

コメント

対向飛車

 右四間穴熊に組むが、中盤のリード守れず

対急戦

 穴熊流の攻めが炸裂し攻め切る

筋違い角

 対△6二飛~4二飛型、中盤以降優位拡大

相穴熊

 中盤逆転するも終盤攻め切れず再逆転許す

対早石田

 角交換から一気の終盤何とか余し即詰みに

相穴熊

 終盤まで互角の戦いも一気に詰まされる

対矢倉右四間

 終盤有利に転ずるが、痛恨のミスに冷静さを欠く

また、敗局図をUPします。どんどん増えてしまう悪寒・・・(汗)。

(敗局図その1)
先手苦しい局面だが諦めてはいけなかった。
 
(敗局図その2)
終盤は駒の損得より速度、攻め切りたかった。
 
(敗局図その3)
中盤の局面だが優勢を守りたかった。

(敗局図その4)
形勢を楽観視し、痛恨のエラー

(敗局図その1)本譜は▲3一銀としたため詰まされてしまった。ここでは、苦しいが、▲5六金と打ち凌ぎたかった。

 (敗局図その2)本譜は王手角取りに目がくらみ、△8九金と清算してしまった。これでも悪くないが、以後攻め切れなかった。ここでは、単に6九飛から相手の持ち駒を悪くしていく方が勝ったか。

 (敗局図その3)本譜では△6二飛と回ったが疑問手で▲4四歩と垂らされと金攻めを見せられ、徐々に形勢を損ねた。ここでは、△5四銀とし、▲の攻めをしっかり受けたかった。

(敗局図その4)本譜は形勢を楽観視しており△7八竜と決めにいったが痛恨の大錯覚であった。普通に△6七歩成で優勢を維持できた。ちゃんと読んでいないことにより発生する終盤のエラー。

PR

コメント

コメントを書く