忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

苦手戦法との決別(2)

 ここでは、どういう理由で筋違い角を採用したか、また、決別するに至った理由を記したいと思います。

①採用のきっかけ
 
 対抗形の将棋を多く指すための手段として指し始めました。言い換えると、相居飛車の将棋と相振り飛車の将棋を覚えるのが大変なので、それを回避するためです。
 具体的手順では、▲7六歩▽3四歩の後の3手目の手順で
 (1)▲2六歩・・・横歩取りになる可能性あり
 (2)▲6六歩・・・相振りになる可能性あり
 (3)▲2二角成・・・否応なく筋違い角になる

 また、この戦法が得意になれば、自分の土俵で戦えるといった実戦的側面もあったかと思います。以前逆に筋違い角をやられると心理的にかなり嫌でしたので。

②私の学習法
 
 全く指したことのない戦法でしたので、高段者の方のサイトで研究し、武市さんの本を読み、ヤフーでひたすら試運転していました。100局近く指し、だんだん勝てるようになり、これはいけるかなと思ったのですが・・・。

③私の筋違い角のタイプ

 筋違い角と一言でいってもいろんなタイプがあると思いますが、私は四間に振りあわよくば穴熊に潜って戦おうといった、自分の棋風に忠実なものを選びました。
 ただ、相筋違い角になった場合等ではそういうわけにもいきませんが・・・。

④低迷期

 今年の4月以降、24と近将を主戦場にしてからはどういうわけか全く勝てなくなりました。
 理由は良く分かりませんが、以前指していたヤフーの相手の方が緩めてくれていたのか、適当に指していたのか・・・。
 負け方も序盤でおかしくなってしまうことが多く、目も当てられないような負け方が多かったように記憶しています。

筋違い角での戦績(2007年4月以降)

戦型

対局

勝率

筋違い角穴熊

4

0

4

0.000

筋違い角美濃

2

0

2

0.000

相筋違い角

9

2

7

0.222

筋違い角その他

4

1

3

0.250

合  計

19

3

16

0.158


⑤なぜ筋違い角をやめようと思ったか

 いよいよ本題です。本当は負けが込むのを戦法のせいにはしたくなかったのですが・・・。

 (1)データは全てを物語る。とにかく勝てないことが理由。
 (2)序盤の変化が多岐に渡り、研究どおりにいかない、逆に自分が振り回されている感じ。
 (3)正直、この戦法が自分の得意戦法になると思いにくい。
 (4)限られた時間でこの戦法ばかり研究しているわけにはいかない。

 ということですが、この戦法自体が悪いというわけではなく、自分の努力不足の一言に尽きます。

⑥筋違い角に代わる戦法の構想は?

 これが重要です。この構想なくして筋違い角をやめるわけにはいきません。
 当面の目標は先手番で▲7六歩▽3四歩型の時に勝率5割を達成することです。
 具体的な戦法のアイディアはサークル等研究されると辛いですが、ネットでの不特定多数での遭遇戦では5割くらいいけるのではという戦型のアイディアはあります。(かなり稚拙ですが。)
 説明は長くなるので割愛しますが、24、近将で試していきたいと思います。
 

PR

コメント

1. こんにちは

 こんにちは。
 以前「将棋世界」で、筋違い角に対するプロの意見をインタビューした記事を読んだのですが、トッププロは筋違い角にはかなり否定的でした。理由は、
 1) 手損
 2) 自分だけ角を手放す
 3) 筋違い角は、角を利かせられるマス目が1マス少ない

1と2はよく言われることなので認識していましたが、3は読むまで考えもしませんでした。「序盤のたった5手目で、動けるマスが1個少ない筋にわざわざ角を置くなんて、損に決まってる」んだそうです。^^;
 あえて採用するほどの戦法ではないかもしれませんね。

Re:こんにちは

 こんばんは、私も以前筋違い角に対するトッププロの見解の特集記事を将棋世界で読みました。総じてあまり評価は芳しくなかったですね。
 コメントにある1~3の理由ももっともだと思います。
 ただ、アマでは十分に通用する戦法だと思いますし、将棋にかけられる時間が限られていますので、ある程度のレベルまでは戦法を限定して戦った方がレベルアップしやすいのではないかというのが私の持論です。
 筋違い角に対して投入してきた時間、労力を考えると悔しさもありますが、割り切っていきたいと思っています。

2. 無題

こんにちは。本日24でお名前見かけましたので挑戦させていただきましたがお受けしていただけませんでしたね^_^;
それはまぁいいんですが、筋違い角、断念ですか~
私も最近は、気分で、やったり、やらなかったりなんですが。
気が向いたらまた、5手目45角、打ってみてください(笑)

Re:無題

 BYさんこんばんは。本日24での対局をお断りして申し訳ありませんでした。
近将で同時に対局待ちしておりまして、近将での対局を優先させてしまいました。以後気をつけます。
 筋違い角戦法はB.Yさんのブログも拝見させていただいていました。
 自分自身の努力不足に恥じ入るばかりです。
 ただ私にはうまく指しこなせませんでしたが、逆の立場でどう咎めるかと言われると難しいと思いますし、構想力も問われる戦型だと思っています。
 24や近将で初段を達成したら戦型の幅を広げたいと思っていますのでそれまでの間は封印したいと思います。