忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

将棋本40冊突破
 昨日本屋で「1手・3手必至問題」(創元社)を購入して遂に所有本が40冊に到達しました。
 
 必至本は「寄せの手筋168」や「寄せが見える本」を持っていますが、この本は、繰り返し解ける必至問題集として、かなり重宝しそうです。
 
 早速試しに解いて見ましたが、一手必至といえども、スラスラ解けないものもあり、自分の終盤力の未熟さを思い知らされますが、面白いです。

 最近終盤力向上を目指して詰将棋本などを読んでいるのですが、なかなか吸収力が悪いのか、終盤力の向上を実感できません。

 そこで、「最強の詰将棋200題」と「1手・3手必至問題」については詰将棋本と必至本のベース本として、すべての問題を覚えてしまうくらい、繰り返し解いていきたいと思います。

 将棋本についてはこの一年で、15冊くらいは購入したような気がします。R点と結びついていないのが悲しいですがw。
 ただ、できるだけ本棚に眠ることがないように、買う際には結構吟味して買っているつもりです。
 初段到達時には何冊になっているんでしょうね。
 100冊を超えていないことを祈るばかりです(笑)。

 本の前に最近の使用頻度を記してみました。
 (◎高頻度~○中頻度~△低頻度~無印なし)
 使用戦法の関係でかなりご無沙汰の本もあるようです。

(四間穴熊関係)
 1 ○ 東大将棋四間飛車道場第7巻相穴熊(毎日コミュニケーションズ)
 2 △ 東大将棋四間飛車道場第8巻銀冠vs穴熊(毎日コミュニケーションズ)
 3 △ 東大将棋四間飛車道場第9巻持久戦vs穴熊(毎日コミュニケーションズ)
 4 ○ 東大将棋四間飛車道場第10巻急戦vs穴熊(毎日コミュニケーションズ)
 5 ◎ 史上最強の穴熊①急戦編(毎日コミュニケーションズ)
 6 ◎ 史上最強の穴熊②持久戦編(毎日コミュニケーションズ)
 7 ◎ ホントに勝てる穴熊(河出書房新社)
 8 ○ 振り飛車穴熊の正体(木本書店)
 9 ○ 秘伝穴熊王(毎日コミュニケーションズ)

(英春流、右四間関係)
 1 ◎ 必殺!かまいたち戦法(三一書房)
 2 ○ 必殺!右四間(三一書房)
 3   東大将棋四間飛車道場第16巻右四間飛車(毎日コミュニケーションズ)
 4 △ 東大将棋矢倉急戦道場(毎日コミュニケーションズ)
 5   三浦流右四間の極意(毎日コミュニケーションズ)

(他戦法関係)
 1   島ノート振り飛車編(講談社)
 2   仕掛け大全四間飛車編(毎日コミュニケーションズ)
 3 △ ホントに勝てる四間飛車(河出書房新社)
 4 △ ホントに勝てる振り飛車(河出書房新社)
 5   角交換振り飛車(創元社)
 6 ○ 武市流力戦筋違い角の極意(毎日コミュニケーションズ)
 7   四間飛車破り(居飛車穴熊編)(浅川書房)
 8   東大将棋石田流道場(毎日コミュニケーションズ)
 9   相振り革命3(毎日コミュニケーションズ)
10   将棋倶楽部24万局集part.2(成甲書房)

(中終盤関係)
 1   手筋の達人2(毎日コミュニケーションズ)
 2 ◎ 1手・3手必至問題(創元社)
 3 ○ 寄せの手筋168(高橋書店)
 4 ○ 寄せが見える本(基礎編)(浅川書房)
 5 ○ 寄せが見える本(応用編)(浅川書房)
 6   終盤の定跡(基本編)(毎日コミュニケーションズ)
 7   終盤の定跡(応用編)(毎日コミュニケーションズ)
 8 ○ 光速の寄せ1振り飛車破りの巻(日本将棋連盟)
 9 ○ 光速の寄せ2振り飛車で勝て!(日本将棋連盟)
10 ○ 実戦の詰み手筋50(電子ブック)
11 ○ 詰め方カタログ(創元社)
12 ○ 5手詰ハンドブック(日本将棋連盟)
13 ◎ 最強の詰将棋200題(梧桐書院)
14 ○ 詰将棋道場(毎日コミュケーションズ)
15 △ 不思議流受けのヒント(創元社)
16 ○ 読むだけで強くなる終盤のコツ130(日本将棋連盟)

計40冊
PR

コメント

1. お願い

この記事、トラバさせてください!

Re:お願い

全然OKです。toshiya さんの蔵書も見ましたよw。
とても興味深かったです。
自戦記が多いのは棋譜並べのネタに良さそうですね。
エッセイも多いですよね。私は、「聖の青春」は買って読みましたが、他のは立ち読みばかりかもwです。
将棋の蔵書はその人の個性が出て面白いですね。
今後は、トラバは自由にしてもらっていいですよ。こちらも励みになりますので(笑)。

2. ありがとうございます!

あたたかいお言葉ありがとうございます。将棋の蔵書で趣味や理想がわかりますよね。ホント十人十色でおもしろいです。「聖の青春」は読むたびに泣いてしまいます。

Re:ありがとうございます!

将棋は、なかなか人に教えてもらうことができませんので、棋書を読むことによって強くなる人が多いと思います。よって、どんな本を読んで強くなられたかというのは、とても興味深いです。その人の棋風にかなりの影響を与えているといえそうです。
そういった意味で、棋書のレビューというのは非常に興味深いです。是非印象に残った本のレビューをUPしてくださいね(笑)。
コメントを書く