忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

敗局図(7)
〔敗局図1〕
4枚穴熊に組めると形勢を楽観視して将棋が雑になる傾向あり。
この局面も難しい形勢になっている。

 本譜は▲5六飛を読んでいたが、△7七角成、▲5二飛成、△8八馬、▲同玉、△5二銀と駒損になるので断念し、▲5八歩と謝ったが以降ジリ貧になった。
 ▲5六飛を決行すべきだったか。(△5二銀の後、▲5五角~▲3三角成で馬ができ自陣に引けば結構難しそう。)

(敗局図2)
対ミレニアム戦。互角の形勢もここから均衡が崩れ、ジリ貧に。

 この局面では、どう指せばよいかは分からないが、本譜の▲9五歩、△同歩、▲同香、△8六歩、▲9一香成、△同飛は明らかに先手暴発だった。
仕掛けられない局面での我慢は必要だと感じる一局。

(敗局図3)
右四間対矢倉の戦い。こんなチャンスを逃していては勝てるものも勝てない。

 ここは当然▲2五角。時間がなくても瞬時に見えなければいけない手。
何も考えずに▲7九金打と自陣に駒を埋めてしまい、勝機を逸した。

(敗局図4)
この局面での形勢をどう評価するか。

 この局面では、玉形の差で自分が指せると思っていたがそうではなかった。実戦では▲5一飛から攻めたが相手に受け切られてしまった。ここでは、いきなり▲3四桂と打つ手が成立しているかどうか。玉がどこへ逃げても次に飛車打ちだが、繋がるかどうか微妙。

(敗局図5)
序盤のうっかり。問題外だが生じやすい筋だけに注意が必要。

 本譜▲7六角は△4五角が生じ問題外。この筋を事前に消す▲7九金、▲3八金か、研究不足につき今後の課題。

PR

コメント

1. 非常に難しいですが・・・

 敗局図2では、後手番の作戦が成功してそうですね。優劣というよりも、しかけを与えないという意味で。
 ▲26歩△24歩▲27銀△23銀▲28金上△22銀▲17香くらいで、動いてきてくれればいいんですが・・・
 次に指したい手は18玉、37桂、45歩、48飛です。これで△86歩ときてくれればなんとか戦いかな?56銀が残ると負けですね。相手の方がかたいので。
 
 単に▲68飛は成立しますか?△86歩▲同歩△同角▲88飛△85歩▲66角△59角成まですすんで手がありますかどうか。▲75歩△86歩▲74歩△85桂▲73歩成となればそこそこでしょうか?しかし、やはり56銀は負担です。難しいですね。

敗局図4は34桂を決めてみたいですね。他はというと、51飛で切らされるのなら、74歩や46歩といくんでしょうか?やはりこちらも難しいですね。

Re:非常に難しいですが・・・

コメントありがとうございます。「敗局図」でコメントいただけるのは、大変ありがたいです。自分(とボナンザ)の一人感想戦では解決できないことが多すぎて・・・。
敗局図2では相手の玉形の方が良さそうです。▲2六歩からの組み換えの善悪は私にはよく分かりませんが、確かに手のなさそうな局面です。
以前のプロの対局で対ミレニアムに美濃から穴熊に組み替えたりしたのがあったので、ミレニアムに穴熊で対抗するというのが作戦的にまずいとは思っていません。とするとここに至る駒組みのなかでもう少し工夫できることはないかなと考えています。
某アマ超強豪の実戦譜からは、本格的な開戦前に、ミレニアムの弱点である3筋と5筋を目標にこまめに動いているのが読み取れました。すこしでも相手の理想形を事前に崩しておくということだと思います。
真似するのは難しいですが、この棋譜を繰り返し並べ、感覚をつかみたいと思います。
また、敗局図4は自分の銀が完全に遊んでしまっているのが大きいようです。
本譜では▲5一飛に△5五馬と引かれ上手く受け切られてしまいました。
3四に穴が開いていますが、いつでも修繕が効きそうです。
ボナンザと研究した手は、先に▲3四桂と打ち、玉が3三ないし、3一に逃げれば飛車打ちから小駒が拾え、本譜よりましになりそう。1二へ逃げれば、飛車を打ってから?▲1六歩からの逆襲で、▲の3四桂が取られる前に、端に圧力をかけギリギリか?
難しくて、よく分からない局面ですが、厳しそうです。
今後はできるだけ、難しい局面から逃げずに、自分で「考える」ことを重視
したいと思います。そのために、このコーナーは充実していきたいです。
トシヤさんからのコメントは非常にありがたいです。気づいた点がありましたらバシバシ指摘してくださいね。
コメントを書く