忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

久しぶり道場へ
 どうも、最近ネット将棋の指し過ぎ?(4月に入り24、近将で既に54局)で手が荒れているようでしたので、久々に道場で指してきました。
 指した感想と言いますと、やはりネット将棋より生対局のほうが楽しいということでした。駒を持つとマウスを持つのとでは全然気合の入り方が違います。
 今日は席主の方に敗れたのと二歩で敗れた(←24ではない負け方)のですが、5勝2敗とまずまずの成績を残すことができました。この道場に最初に来たときよりはずいぶん勝負できるようになった気がします。
 以前道場で指した時との相違点と現在の課題を挙げてみました。

 以前より進歩した点
 ①終盤自陣にも手を入れるようになった。(バッタリ負けの減少)
 ②作戦負けすれすれのところで勝負できることが多くなったこと。(ジリ貧負けの減少)
 ③終盤手が見えるようになったこと
 ④序盤で考え込むことが少なくなったこと
 ⑤終盤バテてパニックに陥ることが減ったこと
 ⑥穴熊の距離感、戦い方が少しマシになったこと
 
 改善すべき点
 ①戦型によって作戦負けになりやすい形が存在すること
 ②思い切りよすぎる手が多いこと(もう少し辛抱強さが必要)
 ③読みに正確さを欠くこと(なんとなく、大雑把)

 今後の方針
 ①苦手戦型の克服
 ②「囲い別詰め将棋」で手を読む力をつけ、詰み形を覚える
 ③将棋勉強ツールの活用
  →収録問題を増やす。本の引用にとどまらず、実戦でのポイント局面を搭載する等、内容を充実させる。

 24と近将でたくさん指し込んだことにより、現在の自分のレベルや課題が分かりましたので、漠然とたくさん指すだけでなく、問題意識を持ちながらやってみようと思います。

 もう少し力がついたら、道場の例会に参加してみようと思います。
PR

コメント

コメントを書く