忍者ブログ

将棋練習日誌改め?

もともと田舎将棋、ヘタクソゲーム(ドラクエ、マリオ)演奏、禁煙ブログでしたが、別の題材を模索中です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マリオピアノにはまる訳
 何で最近将棋そっちのけでマリオピアノにはまっているのかについて少し考えました。

 実は私は子供のころひどく不器用で(今でもですが)親が心配して小学生のころほんのわずかな期間(1年にも満たなかったと思います、)ピアノを習わされていました。(遊び時間が削られるのがイヤですぐやめてしまいましたが。)
 当時バイエルをやっていて、端折りながら終了程度付近で辞めました。
 家にはエレクトーンしかなく、鍵盤も足りなかったのであまり練習しませんでした。

 以降鍵盤に触れる機会すらなかったのですが、社会人になって何かのきっかけでキーボードを購入し、「ハ調で弾ける○○曲」といった具合にハ調のみで弾ける「トルコ行進曲」や「英雄ポロネーズ」などを弾いていました。
 それはそれで楽しかったのですが、やはり少し物足りないのと、それすらも上手く弾けないのでまた鍵盤から遠ざかってしまいました。

 そうこうしているうちに娘がピアノを習うようになり、練習に付き合うようになって鍵盤との距離がまた近づいてきました。

 そして、マリオピアノに出会いました。

 前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、マリオピアノの魅力は、

①私のようなピアノ初級者でも何とか原曲でも弾けてしまうこと
 (耳で覚えていることが大きな助けになります。)

②それぞれのレベルに合った楽しみ方ができること
 (上級者のマリオピアノの演奏はすごいですし、憧れます。)

③何より曲が楽しく、爽快であること
 (仕事のストレス解消、気分転換に役立ちそうです。)

④誰でも親しみやすく、耳なじみなので、どこかで披露できるかも?
 (マニアックな曲にチャレンジし悦に入るのも良しですが。)

⑤練習が楽しいこと
 (最初は全然ダメですが、進歩していくのが嬉しいです。自分的にはバイエルの練習よりは格段に楽しいです。)

等が考えられます。
 次はドラクエメドレーにチャレンジしたいところですが、昔売っていた楽譜が絶版になっているのも多いので、楽譜集めから始めたいと思います。
PR

コメント